[Twitterの不具合]勝手にリムーブしてしまう時の対処法

as_r

「リムーブした記憶が無いのに
リムーブしていた」という事って
ありませんか?

実はTwitterの不具合
勝手にリムーブする時が
あります。

リムーブされた相手は
「なんでリムーブされたんだろう、
自分が嫌いになったのかな」と
思うかもしれません。

人間関係が悪化する事もあるので
注意してください。

「勝手にリムーブする時の対処法」があるので
やってみてください。

スポンサードリンク

①アプリの不具合を直す

勝手にリムーブする不具合は
アプリで不具合が起こっている可能性
大きいです。

アプリの不具合が原因なら
それを直せば良いだけです。

「そんな簡単に直せるの?」と
思うかもしれません。

「アプリの不具合を直すのは難しい」と
多くの人が思っています。

ですがアプリの不具合を直すのは
簡単です。

やってみてください。
「アプリの不具合はコレで解決!
対処法をまとめてみた」の記事はこちら

様々な不具合に使えるので
覚えておいてください。

②ツイートして誤解を解く

リムーブされた人は
悲しくなります。

「嫌われているかも」と
不安になるからです。

この誤解を解きましょう。
やり方は簡単です。

スポンサードリンク

「Twitterの不具合で
勝手にリムーブされる事があります。

自分からはリムーブしないので
された人は気軽にリプライください」
とつぶやくだけです。

リムーブされた人がコレを見たら
「わざとじゃないんだ、嫌われていないかも」
思うでしょう。

Twitterの不具合でリムーブしてしまい
誤解されるのはしょうがないです。

大切なのは
「どうやって誤解を解くか」です。

③リムーブしている相手にリプライする

「Twitterの不具合で
リムーブされている、
リムーブされた人はリプライして」と言っても
リプライして来ない人がいます。

・ツイートを見ていない
・リプライする勇気がない
のどちらかです。

それならあなたがリプライしてあげましょう。
「勝手にフォロー外れてた、
フォローするね」と言えば相手はうれしいです。

「そんな事言うのめんどくさいよ」と思うなら
こっそりフォローしておきましょう。

まとめ

勝手にリムーブしてしまうのは
Twitterの不具合が原因かもしれません。

対処法があるので
やってみてください。

ツイートやリプライで
わざとリムーブしたのではない事を
教えてあげるのも良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ