[LINEの不具合]絵文字が文字化けしたり表示されない時の対処法

grae_r_r

LINEはスタンプが有名ですが
絵文字も便利です。

ですが文字化けしたり表示されない事が
あります。

せっかく絵文字を送っても
読めなかったり表示されなかったら
困りますよね。

対処法を見つけたので
紹介します。

スポンサードリンク

 

①LINEをアップデートする

アプリは最新バージョンほど
不具合が少なく便利な機能が多いです。

LINEは超人気アプリで
運営側も力を入れていて
役立つアップデートが多いです。

不具合が起こったら
App StoreやPlayストアで
アップデートしてください。

あんなに悩んでいた事も
アップデートするだけで
直るかもしれません。

②文字化けしない絵文字を使う

「文字化けしない絵文字って
どういう物?」
と思いますよね。

まず絵文字が文字化けする理由
見てみましょう。

それは「自分と相手のLINEが違うから」です。
例えばAndroid⇔iPhoneに送る時は
絵文字が文字化けしやすいです。

これは自分のスマホにある絵文字が
相手のスマホに無いから
起きます。

自分のスマホを変えられても
相手のスマホは変えられません。

「じゃあどうすれば良いの?」と
あなたは思いますよね。

「LINEのデフォルトの絵文字」
使えば解決します。

デフォルトの絵文字を使う方法は簡単です。
顔の絵文字を使いたいとします。

「かお」と文字入力して変換すると
文字化けしやすくなります。

LINEのトークで
「絵文字タブ」を開いて
送りたい絵文字をタップしてください。

1_r

Androidは
STICONが絵文字タブです。

2_r

まとめ

なにか不具合が起きたら
LINEをアップデートしてください。

最新バージョンほど
不具合が少なく便利な機能が多いです。

iPhone⇔Androidなど
端末が違うと文字化けしやすいです。

デフォルトの絵文字を使って
しっかり絵文字を送りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ